脚質とペースについて

 一時話題になったラビット。外国の競馬などではしばしば見られるペースメイカーのことだが、普通は格下の逃げ馬を出走させ、同厩舎(同馬主)の勝ち負けが期待できる馬が好むペースに誘導しようとする。

 ところが、このゲームの場合、逃げ馬と追い込み馬の配分によりペースが決まり、さらにスローだと逃げ、ハイだと追込がタイムがよくなる(逆だと悪くなる)という
単純な仕様のため、自分が先行馬でライバルが追込馬の場合、わざと別の追込馬を出走させてペースを自分に有利、相手に不利にすることができる、という問題があると言われてきた。

 リアル競馬では、格下と思われる逃げ馬が有力逃げ馬に絡んで共倒れ、というレースは確かにある。最近では、2003年の秋の天皇賞が記憶に新しいだろう(まぁ、あれは後藤がアホなだけだがw)。しかし、
弱っちい追込馬が何頭出走しようと、それが原因でスローになることはまずない。有力な差し馬は弱い追い込み馬のことなど眼中になく、前を見て競馬をするからである。もちろん、有力な追い込み馬が複数いて、みんな牽制しあって気が付けば前残り、なんてレースは山ほどあるが。

 さて、実際にどんなパターンの時にスローになるのか、脚質のディストリビューションによるペースの変化はどうなのか、3月2週〜4週の特別レースの中から40レースをピックアップして検証してみた。なお、脚質については、レースを見て判断しており(不明の場合は馬検索で調べた)、若干の食い違いがあるかもしれない。

レース名 頭数 逃げ 先行 差し 追込 ペース
マヤノトップガンM 5 0 1 3 1 稍S -1
アネモネS 5 2 1 2 0 2
メイズイM 5 1 1 2 1 0
隅田川特別 5 1 2 1 1 0
丹波特別 5 2 0 3 0 2
大阪城S 6 1 2 3 0 1
吹田特別 6 0 3 0 3 -3
サンシャインS 6 0 2 3 1 稍S -1
名鉄杯 7 2 3 1 1 稍H 1
あざみ賞 7 2 3 0 2 稍H 0
さわらび賞 7 3 0 2 2 1
東風S 8 2 1 2 3 -1
オーシャンS 8 1 3 3 1 0
ブラッドストーンS 9 0 2 5 2 稍S -2
館山特別 9 2 3 4 0 2
アクアマリンS 9 2 3 2 2 0
チューリップ賞 9 2 2 5 0 2
黄梅賞 9 3 1 4 1 2
サクラスターオーM 9 1 3 4 1 0
中山牝馬S 11 3 2 5 1 2
淡路特別 11 1 3 5 2 稍S -1
雪割草特別 11 2 4 3 2 0
スプリングS 12 2 2 5 3 稍S -1
スピカS 12 4 2 1 5 -1
陽春S 12 1 4 6 1 0
フィリーズレビュー 12 3 4 4 1 2
フリージア賞 12 2 5 3 2 0
名古屋大賞典 12 3 3 4 2 1
若葉S 13 2 6 3 2 0
甲南S 13 3 4 5 1 2
中京記念 13 2 3 6 2 0
仁川S 13 0 8 2 3 -3
フラワーC 14 2 4 5 3 -1
阪神大賞典 14 2 6 4 2 0
ダイオライト記念 16 3 4 4 5 -2
クリスタルC 16 5 3 7 1 4
黒船賞 16 3 10 2 1 稍H 2
武庫川S 16 2 2 7 5 稍S -3
弥生賞 17 5 4 4 4 1
ゆきやなぎ賞 18 2 5 8 3 -1

 まず見て思うことは、結構頭数が揃ってるんだなぁ、ということだが、それはここではあまり関係ないのでおいておく。

 逃げ馬が追い込み馬よりも多いレースではスローペース系にはなっていない。同様に、追い込み馬が逃げ馬より多いレースではハイペース系になっていない。

 また、
頭数が多いレースはほとんどが平均になっていることに気が付く。逆に、8頭以下のレースにおいては平均になりづらいという結果になっている。この点から、ペースを決める計算式が、出走頭数に対する逃げ(先行)、追い込み(差し)の比率を求めているように推測される。

 しかし、ブラッドストーンSのように、明らかにスローペースになりそうなのに稍スローでとどまっているレースや、黒船賞のようにハイペース必至なのに稍ハイ止まりのレースもあることからみて、どうやら計算式に乱数の要素が入っているようである。

 私は逃げ2,先行1,差し−1,追込−2で評価した数値に乱数を足し、頭数で割った数値のパーセントで判断しているのではないかと推測してるが、これは実証するには不可能なので、もし誰か上の表からピタッとはまる式を導き出さした方はご一報ください<(_ _)> ぺこ

 この結果から見るに、ラビットについては頭数が多い場合にはあまり意味がないように思えるが、少頭数ではその威力はかなり大きいものだと言わざるを得ない。ラビットの是非については、
明らかに仕様の問題なのでジークレにはさらに精進してもらいたいものだ。…ないものねだりしても仕方ないのかもしれないが(´・ω・`)ショボーン

騎手補正について